失恋後ダイエットに励み復縁しました

失恋後ダイエットに励み復縁しました

今までたくさんの人と付き合ってきましたが「本当に好きだ」と思える人は彼しかいませんでした。大学のサークルで出会い一目ぼれして、私からもうアプローチの末、告白して付き合うことになりました。

 

彼の好きな女性の好みは控えめな清楚な感じで、女性らしいかわいらしいファッションに何より細身の女性がタイプでした。幼いころからどちらかというとぽっちゃりとした体型だった私は、彼の友人たちから聞いた彼好みの女性になるべくダイエットに励み、なんと6キロの体重減少に成功したのです。

 

自分でも鏡を見るたびに「私ってこんなに可愛かったんだ」とうぬぼれるほどの変身ぶりでした。

 

彼も自分のために頑張ってダイエットして痩せてくれたという思いが、自分の一番心に響いたとあとから聞きました。付き合ってしばらくはとにかくうれしくて楽しい日々だったのですが、付き合って半年後ぐらいたったころから、二人の関係に安心したのか、以前のように食欲が出てきて元の体型に戻ってきてしまったのです。

 

そんな私を見て彼からも「最近太ってきたんじゃない?」「痩せてほしいな」とやんわり言われたのですが、ダイエットに励んでいた分、「食欲」にもどん欲になっていて「あれも食べたい、これも食べたい」と自分の欲求を優先してしまいました。

 

そんな生活をしていたら、元の体型よりも3キロも太ってしまったのです。鏡を見ると顔もパンパンで、何より、以前はかわいく見えたファッションもなんだか似合わなくなっていたのです。それと同じように、彼の態度も冷たくなりました。

 

連絡をしても返信がなかったり、「忙しいから」ということを理由に会う頻度も減ってきたのです。

 

そして、とうとう「別れてほしい」と彼から言われました。理由を聞くと「好きじゃなくなった」とのことでした。太ったことが原因で失恋してしまったのです。

 

その時は、「結局、この人は見た目重視で私の事なんて思っていなかったんだ」と思い別れることに納得していました。しかし、時がたつにつれて、彼との楽しい思い出や「あんなに好きになる人はいないかもしれない」と思えるようになり、復縁したいと願いダイエットをすることにしました。

 

「あの頃の自分に戻りたい」という一心で食事制限や毎日の運動も欠かしませんでした。

 

ダイエットをしていて気づいたことは、痩せているときは何事にも前向きな自分がいたことです。太っているときは「どうせ私なんか」が口癖でしたが、痩せたときには「何でもできるかもしれない」と物事を前向きにとらえることができていたのです。

 

もしかしたら、彼はそんな私のことが好きだったのかもしれないのです。

 

一か月ダイエットに励んでもなかなか体重が減りませんでした。リバウンドした体重を戻すのは思いのほか大変だったのです。

 

それでもあきらめずに続けた結果、ついに、彼と付き合えたころの体重に戻ることができたのです。

 

早速、彼に連絡を取り「もう一度チャンスを欲しい」と会って話したところ、彼も「頑張っているということはほかの人たちから耳にしていた。俺も悪かった。もう一度やり直そう」と言ってくれました。